以下の項目に心当たりが多い人

以下の項目に心当たりが多い人はワキガ体質の可能性が高いです。

腋が毛深く、女性ならば腋毛が剛毛。

衣類や肌着を脱ぐとワキの部分に黄ばみが見つかる。両親が脇のにおいに罹っている。

ないし両親の一方の耳アカが湿り気を含んでいる。ワキからの汗の量がとりわけ多い。汗が粘っこくサラサラしていない。食生活は肉類や乳製品などが中心で動物性蛋白質がバランスの大半を占める。

ワキガを確実に治療したいなら、手術が最も早く簡単な手段です。

しかし、費用が高いのに加え、体をメスで切ったり、カニューレなどの医療器具を入れる必要があります。手術をせずとも、現在ではでデオドラント効果のある石鹸や、スプレー、様々なものが出ています。中には細菌の発生を抑えたり、体質自体を治し気になる部位の臭いを抑えてくれる製品もあるので、さっそく調査してみましょう!腋臭症の人は常に皮膚の清潔さをキープし、雑菌を増やさないようにしましょうワキがにおいで満たされたり、発散されたりすることを防ぐために、腋毛を除毛するのもいい方法です。

肉類を節制し食生活を野菜中心にするのもアポクリン腺が活発になるのを阻止します。また、リンゴが持つ食物繊維には離出分泌腺にあるアポタンパクという物質の増殖を防ぐ効果を持ち、においが生じるのを抑えこむ効力があります。異性に何か言われる前に自分でデリケートな部位のにおいに気付き悩みを抱える女性は少なくありません。

とりわけ月経最終日が近づいた茶褐色で普段と違う色のオリモノがつく間は臭いが強烈に感じられることも。

日常生活でも脱衣した際、並外れた異臭を感じるようでしたら産婦人科の診断を受けにいくべきでしょう。

デリケートゾーンの臭いが気になったら、臭い対策に加えて、 普段の習慣も見直してみましょう。

病気の中に「腋臭症」は含まれません。それでも、匂いが他人より強い人、わきからの発汗が原因で下着や洋服に汚れがつくならば、医師からの診断を受けるという手もあります。

慎重に調べてからクリニックに向かいましょう。とくに、一度に両ワキの手術を行うよう診断する病院は、お勧めできません。

一方のわきの手術を受けて、手術後のケアや治療過程に納得がいってから、 残りの手術を受けるほうが安全です。出たばかりの汗が臭うことはありません。

アセを放っておくことで臭いのもとが発生します。汗が出るたびこまめに拭き取るように気を配りましょう。布は乾燥したものではなく、できれば硬く絞ったぬれタオルで拭き取るのが一番良い臭い対策です。アロマを使ったローションや、れもん水などを付けたタオルで拭き取れば、より気持ちが良いでしょう。

珍しいケースですが、ワキガ臭が性器周りから漂う「外陰部臭症」を患う人も稀に存在します。

ネバネバしたキャラメルタイプの耳垢を持つ人は「すそ脇のにおい」である可能性が高いでしょう。

しかし、こちらもわきガと同様に、正しい処置を受けることで臭いを緩和できますから、孤独に苦悩せずに病院に相談しに行くことを勧めます。10人に1人の日本人がワキガを持っているといわれています。ヒトの肉体には「アポクリン腺」と「エクリン腺」と呼ばれる2タイプの「汗腺」があります。腋の下や乳頭、臍、陰部、肛門周り、外耳といった、肉体の一部分に限って存在する「アポクリン腺」からでる汗には、糖や脂質、アンモニアといった成分が含まれ、素肌が持つ雑菌が増えやすい状態になります。体臭、とくにワキ……。

「発汗時のニオイで困ってます」という人、わりかし存在しているのではありませんか?若干の発汗時にも「もしや……」と考え込んでしまうもの。

実際はそんなに体臭はきつくないのに気を揉んでいる人も大勢います。しかしながら、ほんとうに他人から不愉快に思われていないのか、 嫌われるような悪臭がしていないかと、 臭いで悩んでいる人にとっては由々しき問題ですよね。わきの臭いの予防案と言えば、とにかくいつも身体を清潔にしていること。

汗に含まれるアンモニアや皮脂などの分泌物とばい菌などが反応を起こし発生される悪臭は、清潔さを保つことで防止できます。加えて、清潔な服を着るよう意識しましょう。

肌に直接触れる衣服も綺麗な物を着用することが肝心です。

汗をかいた後は、着替え用の下着に交換するのも 良い対策案でしょう。

わきの臭いは遺伝するもので、両親のうち片一方が腋臭症の場合50%、二人とも腋臭症の場合75%もの割合で子どもにつたわるといわれています。

もしくは、両腋ではなく片方だけというパターンもあります。

一般論として、匂いはホルモンと深く関係するため思春期が終わると強くなっていくようです。

腋臭症を持っていると、陰部や足のニオイなどにも不安に感じることもあるようです。

女性はガードルやストッキングでおなか周りを締め付けがちになり、生理ナプキンを身に着けると蒸れてデリケートゾーンのニオイがこもることがあるでしょう。

また、排卵期などには嗅覚が敏感になるため、自身の臭気に不安をもつ場合もあるようです。

しかし、仮に月経中や健康状態によって強烈な臭いに感じても短期間で治るので、普段と同じように洗っていれば大丈夫です。

ワキガ臭の発生をブロックする『すりりんごシップ』は、擦りおろしたリンゴをコットン生地で包み、湿布を貼る感じで腋に当てる手間だけで手軽に効果を得ることができますから、チャレンジすると良いでしょう。

①リンゴ一個をよく洗い、皮つきのまま、まるごとすりおろす。②すりおろしたリンゴをガーゼなどで包み、果汁を絞る。③水気が切れたリンゴを綺麗な布で包み、両脇に5分間当て込む。